情報化社会ですぐに役立ち、活躍できる実用的な力を養成 情報コース

情報化社会に対応できるよう、コンピュータの基礎から応用までを学習します。ワード・エクセル・パワーポイントなど、社会ですぐに役立ち、活躍できる実用的な技術や能力を身につけていきます。進学や就職に有利となるワープロ検定や情報処理検定などの検定にも積極的にチャレンジし、1級取得を目指します。

カリキュラム

1年次
  • 国語総合(2)
  • 世界史A(2)
  • 現代社会(2)
  • 数学Ⅰ(3)
  • 生物基礎(2)
  • 体育(3)
  • 保健(1)
  • 音楽Ⅰ(2)
  • コミュニケーション英語Ⅰ(3)
  • ビジネス基礎(3)※
  • 情報処理(2)
  • 総合的な学習の時間(1)
  • ホームルーム
2年次
  • 国語総合(2)
  • 現代文B(2)
  • 地理A(2)
  • 化学基礎 (2)
  • 体育(2)
  • 保健(1)
  • コミュニケーション英語Ⅱ(3)
  • 家庭基礎(2)
  • 社会と情報(2)
  • 情報の科学 (2)
  • ビジネス経済(3)※
  • 情報処理(2)
  • 総合的な学習の時間(1)
  • ホームルーム
3年次
  • 現代文B(2)
  • 日本史A(2)
  • 政治経済(2)
  • 数学演習(2)
  • 地学基礎(2)
  • 体育(2)
  • コミュニケーション英語Ⅲ(4)
  • 情報処理(3)
  • ビジネス実務(3)※
  • ビジネス情報(3)
  • 総合的な学習の時間(1)
  • ホームルーム

各科目の()内の数字は、学習が必要な単位数です。※インターンシップによる実務代替2単位分を含みます。

Pick up class

情報処理

情報処理

検定対策を通し、将来必ず活かせる力を身につける

「情報処理」の授業では、「ビジネス文書実務検定試験」の合格に向けて練習していきます。進学するにあたってはレポートや論文の作成、就職するにあたっては業務内の資料作成など、情報処理の知識と技術は、将来必ず役に立ちます。また、ビジネス文書の作成方法は、さらに高度な資格取得へのステップアップともなり、自分の可能性をより広げてくれます。

検定

情報処理検定試験にチャレンジ!

コンピュータのハードウェアやソフトウェアの知識、実務的表計算ソフトの活用やデータベースソフトウェアの活用に関する検定試験「情報処理検定」に挑戦できます。さらに上位の資格取得に向けてのベースとなる資格です。

学習風景

情報コースの一日

身近なコンピュータを幅広く学ぼう

今やスマートフォンやタブレットの普及で、「いつでも誰でもどこででも」が当たり前のコンピュータ。情報コースでは、コンピュータの基礎から実践的な内容まで幅広い知識を身につけることができます。進学した場合、就職した場合、どちらにも活かせる内容のカリキュラムが特徴です。 関 先生