知識も技術も磨き上げた製菓のスペシャリストへ 製菓コース

高等学校の学習に加えて、製菓実習をはじめ、理論や衛生・栄養・食品など専門的な授業があります。その中で、洋菓子・和菓子・パンづくりの基本から応用まで、専門的な知識と技術を習得していきます。ただ美味しくつくるだけではなく、製菓に関する正しい知識や衛生・安全面への意識も深めながら、コンテストでの優勝や、3年次に受験する国家試験合格を目指していきます。

カリキュラム

1年次
  • 体育(3)
  • 家庭基礎(2)
  • ビジネス基礎(3)※
  • 衛生法規(1)
  • 公衆衛生学(1)
  • 栄養学(1)
  • 食品学(2)
  • 食品衛生学(2)
  • 製菓理論(2)
  • 製菓実習(7)
  • 社会学(2)
  • 総合的な学習の時間(1)
  • ホームルーム
2年次
  • 科学と人間生活(2)
  • 体育(2)
  • コミュニケーション英語Ⅰ(3)
  • ビジネス経済(3)※
  • 公衆衛生学(2)
  • 栄養学(1)
  • 食品衛生学(2)
  • 食品衛生学実習(1)
  • 製菓理論(3)
  • 製菓実習(7)
  • 総合的な学習の時間(1)
  • ホームルーム
3年次
  • 国語総合(3)
  • 世界史A(2)
  • 地理A(2)
  • 現代社会(2)
  • 数学Ⅰ(2)
  • 化学基礎(2)
  • 体育(2)
  • 音楽Ⅰ(2)
  • 社会と情報(2)
  • ビジネス実務(3)※
  • 課題研究(4)
  • 総合的な学習の時間(1)
  • ホームルーム

各科目の()内の数字は、学習が必要な単位数です。※インターンシップによる実務代替2単位分を含みます。

Pick up class

製菓実習

製菓実習

作るお菓子・パンは年間100種類以上

製菓実習は1・2年生で週2日設けています。製菓の「なぜ?」を解き明かす実験的な実習と、洋菓子・和菓子・製パンの実習を通して年間100種類以上の作品を作り、試食します。また、コンクール作品作りやケーキバイキング、フルコース調理体験など、実習内容は盛りだくさん。3年生ではお菓子のアートや飴細工、チョコレート細工にも挑戦します。

資格

製菓衛生師の資格にチャレンジ!

製菓衛生師の国家試験受験資格は、製菓衛生師養成施設で1年以上必要な知識や技能を修得するか、中学校卒業後2年以上実務経験を積むことが必要です。綾羽高校製菓コースでは、所定のカリキュラムを履修することで国家試験受験資格を取得。さらに、国家試験合格へと導くサポート体制も整っています。製菓衛生師の資格は、就職活動に大変有利です。

学習風景

製菓コースの一日

お菓子作りの楽しさを実感してほしい

在学中の製菓衛生師免許取得を目指したカリキュラムを用意しています。プロの職人に必要な基礎知識やテクニック、ルールなどを学び、卒業までに免許を取得できるよう、しっかりサポートします。3年間でお菓子作りの楽しさと可能性を実感しましょう! 須會 先生